労働力来世機械腕時計はどうやってメンテナンスしますか?

1、正常に着用しながらジッターを避けます。適切な活動量だけが、持続的に使えるのです。一般的に、着用者の活動量が小さい時、腕時計の動きが遅くなる可能性があります。これは正常な現象です。消費者が初めて使う時は箱の頭を20~30回回して、弦が正常に動くようにしてください。また、腕時計は耐震ですが、外界の衝撃力が強い時は軸の先やホイールを軸の首にかけて折れやすくなります。針のぶれが速くて動きが遅くなります。
2、腕時計は防水です。できるだけ腕時計を持って水泳や洗濯に行かないでください。雨が降ったら、水に濡れたり、濡れたりしたら、この時に時計の調整用の腕時計を抜いて、すぐに乾かしてはいけません。時計の頭が出っ張っていますので、衝突を避けるようにします。また、表の頭とケースの家の隙間にも注意してください。小さすぎると操作に影響があります。大会が防水性能に影響があります。夢を見ない。
3、磁化防止。腕時計は磁化しにくい材料で作られていますが、歩く時は磁場の影響が大きいので、磁界のあるところから離れてください。普通は労力をかけて来世の機械腕時計を使います。磁界からはなるべく離れて、水を使わないようにしてください。全自動腕時計は磁界と防水の性能がありますが、普段はできるだけ注意してください。装着時間はもっと長くなります。