ダイバーズウオッチの内輪と外輪の機能紹介

ダイバーは少量の酸素ボンベを背负うことが好きで、水中の重さを减らすために、酸素の量の多さは酸素ボンベの大きさと関系があります。潜水装置に详しい人は酸素の量を测る装置を持っています。回転式外輪は潜水時計の最大の特徴とも言えるので、潜水時間を思い出させる役割を果たします。回転コイルの表示目盛りは15、30、45です。一般的にダイビングの酸素ボンベは45分間しか続かないです。60分間の目盛りを表示するのもあります。15分前は色や特別な標識がついています。潜水員は上昇時に15分間の安全停止をして、ガスボンベから吸収された窒素を完全に放出します。普通はダイビングの時に時計の輪を回して、時計の輪の上の0目盛を分針に合わせて、ブランドコピー時計そして分針を見て歩いてから、時計の輪の目盛りに対応して潜水する時間を知ることができます。もちろん、時間をカウントしてもいいです。まず、ダイビングの時間を知って、時計の回転をして分針に目盛りを合わせて、分針が0目盛まで歩く時間はダイビングの時間です。つまり、0目盛りの位置はダイビングの制限時間です。