男には3匹の時計がある

男は、機械のものに対して、特殊な感じ、自動車、時計はすべて研究のオブジェクトを渇望します。一個男数時計と、この答えにも等しい。売りたいかもしれない女どのくらいの靴は――戸棚に永遠に足りないでは一足。現実は、10匹は足を買うべきでしょうか。いいでしょう、もう理知が少しだけ、さんが、しかし少なくとも数――正装、運動、日用の各1匹をカバーし、基本男の仕事と生活のそれぞれの場合。

あなたはこのように1匹の時計が必要です——正装の腕時計

職場はどうしても身でありながら、スーツを着た格好がはTシャツ運動衣のイメージに信頼感。もし加えて時計と示し品位の小物から画竜点睛の作用でした。ドレスアップの選択は、まずその基本項を考慮し、GM性が強い。上っ調子な色彩、ダイヤモンドの装飾で実際にはしばらく見落として落ちて、今後の他の表の選択では、遅かれ早かれ上がったあなたのこの夢。