ブルガリの豪華逸品-佳士はミラノのオークションで大写ししました

ブルガリの豪華逸品-佳士はミラノのオークションで大写ししました。
今年5月26日、ミラノで生麺のオークションがあります。460以上のジュエリーを販売しています。その中、イタリア百年の贅沢ブランドブルガリ(Bulgari)は30件を占めています。ブルガリの1940年から1970年までの30点の逸品を除いて、佳士のオークションはもうすぐ100件以上のルビーがあります。ミャンマーのサファイアとコロンビアのエメラルドの指輪がオークションにかけられます。すべての視線はローマの宝飾商の指輪に集中しています。12.01カラットの八角形カットに、ダイヤモンドの割増四角形カットを加えて、その価値は12万から20万ユーロと推定されています。花のセットは、ブローチとピアスで、ダイヤモンドとサファイアのブルガリの花のピンがはめ込まれています。赤い宝石とダイヤモンドがはめ込まれています。1950年にブルガリのサファイアのダイヤモンドダイヤモンドダイヤモンドとブルガリの雪のピンがあります。
ブルガリからの他の臻品は42.45カラットのミャンマーのルビーの指輪、21.17カラットのミャンマーのサファイアの指輪、ルビーの玉、ダイヤモンドと翡翠の積層のネックレス、そして20世紀70年代のブローチがあります。価格は約40,000から50,000ユーロです。
ブルガリの多株のネックレスは、ミャンマーのルビーと四角形のカットダイヤモンドがはめ込まれています。1950年にブルガリミャンマーのルビーリングには、長い階段形の彫型ダイヤモンドブルガリの翡翠の指輪がはめ込まれています。