「塹壕が所々にある」「一人当たりのフェラーリ」とは、実際にはどうですか?

今、ネット上で、携帯電話の上で、短いビデオの上で、いつもある人が車を日に当てて時計を晒すことを見ることができて、百万級の豪快な車、数十万の時計は至る所にあります。そして試合のように100万円のを500万円もらいます。よくネットでは一人当たりのフェラーリだと揶揄されます。また、私たちもよく見られます。ネットでは名車、名表の対応画像があります。どんなグレードの車が、どのランクの時計に対応しますか?どんな車を運転しますか?どんな時計をつけますか?
RICHARD MILLEは現在ネット上でよく使われている「壕表」です。RM 61-01です。
前にも書きましたが、北京の街や地下鉄、デパートで通行人の表情を見ました。SKP華貿、国貿貿易城、王府井を除いて、このいくつかの北京の高級品の商業圏のほか、普段は他のところにいます。
よくある人は、ネロレックスコピーット上で一人当たりフェラーリ、図はフェラーリのRomaです。
今日は続けて話します。私が見たのは、道で車を運転している人は、どの時計をつけていますか?また、私が見たのは実際の状況です。