腕時計の時間はどうしますか?時計の時間校正の正しい方法を紹介します

最近は、腕時計の日付はどうしますか?一日の機能付き腕時計を初めて身につけた仲間にとって、腕時計の時間をどう調節するかが問題になります。腕時計の時間を調整する正しい方法をいくつか紹介します。
一般的には、腕時計の冠を抜いたのは「調整カレンダー」の状態で、冠を二つ抜いたのは「調整時間」の状態を表しています。その後、時間を6時にします。腕時計の時間を調整する時に、冠を2つ抜いて、「調整時間」の状態にしてから、時間を6時にします。冠を1つに戻して、腕時計を「調整時間」の状態にします。カレンダーの状態を調整して、日付を1に調整して当日の日付の前日にします。たとえば、表を調整する日は31日で、月曜日、カレンダーをブランド時計コピー調整する時は30日、日曜日に変更します。
時計の冠を再度抜いて、「時間を調整する」状態にして、順調に時計の針を合わせます。針が12時近くになると、日付が躍動して時計を調整していることが分かります。この時は時計の日付が午前中であることを表しています。時計の時間を正確な時間に調整して、冠を戻すだけでいいです。もし午後の時計なら、引き続き時間を調整してください。時計の針は再び12時を過ぎて、そして正確な時間を調整して、時計の冠を戻して、腕時計のカレンダーと時間はやっと調整しました。