西馬はどのように時間と日付を調整しますか?

1、西馬の時計の調整時間と日付

(1)表は1枠を引き下げるのが曜日と日付で、2つの枠を引き出すのが時間を調整します。まず、週と日付を用意しておきます。

今日は3月4日日曜日のように、月曜日の3日の土曜日にします。

( 3 )更に表を2つの枠に引き出して、調整時間を行います。

(4)通常の時計で時間を調整する方法で、時計を1回回転させた後、時計の時間が午後1~12時に入って、それを今の正しい時間にしています。これで完成します。90分以上過ぎて、時計は5日の月曜日に自動的にジャンプします。

2、西馬の日常着用の詳細について

(1)腕時計を勝手に取り外したり、後ろのふたを開けたりしないようにしましょう。

(2)機械の時計が普段あまり身につけないと、引き出しの中に置かれていると、時計の動力はゆっくりと回転してしまうので、時計にチェーンをつけておくと、腕時計の寿命が短くなる。

(3)電気や磁場の強い場所を時計を避け、一時の都合のために、脱いだ時計をDVDやテレビの隣に入れ、磁気を帯びたものは腕時計に影響する。

(4)今は夏ですが、皆さんの汗は特に多く、腕時計の揮発性が遅く、汗は比較的に多く、汗は腕時計に腐食効果があります。