本当に力でエリートシリーズ月相腕時計燈ロマンチック七夕

同じバレンタインデー、七夕の伝説の出るより丁节の物語、更に何分喜びとロマン。「金风玉露一出会い、勝は無数の人間」。千万のかささぎと一晩中で集まって星が夜空に目を連れ、神様がついに再会、すべてが静かに無言で、だけの人生の最初の兆候。恋が戻って初めてあの時の心、それは七夕物語最も人に執念のロマンチック。

本当に力でエリートシリーズ月相腕時計燈ロマンチック七夕

夜空にはカササギ、カササギ、夜空にぶら下げた明月がある。月光皎々を照らし、カササギの橋は、愛情は幸せの優しさを持つ守護――以上150週年の歴史のスイスタブブランドに本当に力、七夕の時も現れ、爱侣搭載月相機能のロマンチックな表、願っ明月が証人と守護一つ一つ爱侣美いい情縁。

腕時計の上の経典月相、常に現れる六時位置:金色の円月星に囲まれてからゆっくりと昇って雲の中で、1ヶ月の時間の中で、完成満ち欠けの輪廻する。本当に力を爱侣たちに現れたこの腕時計もそうには、何を準備ELITEさんのエリートシリーズ月相官女腕時計、あるいは男のエリートを準備ELITEシリーズ大日付月相腕時計、七月七日にこの日も月に感動で窓口が月の色。

正確に言うと、それはラウンド上絃の月——月の満ち欠け以来初と共に、は新月、旧暦七日、八日、次第に旺盛に半円、と呼ばれる上絃の月。月相の週期を29.53日、本当に力の時のタブ職人を29.5歯車のひとつに格の半円を作成59歯のルーレットでは絵が星柄の間に月の変化を見せ、交代。理論に基づく月相は正確で、現実には、そうした「今晩の月は大抵」の指示は抽象的な、甚だしきに至っては詩的な。スイス製表の真髄の精密さとロマンは、これにしては。