自由貿易協定は正式署名万元スイス表に300元を下げる

昨日、中国-スイス自由貿易協定が正式に署名し、輸入価格を下げるスイス時計かどうかを多くの市民の関心を持つ問題。今日午前、記者から代理購入スイス部分商と腕時計代理店などによると、短期的には、輸入スイス腕時計の価格が下がりません。

調査によると、中瑞自貿協定が成立したことで、中国側は瑞側の輸出84.2%最終実施ゼロ関税、オメガ、ロンジン、ティソ、梅やスウォッチなど中国庶民に人気の腕時計ブランドも値下げ行列。

今日の午前、スイスの腕時計ネットは、スイスの時計の値段が下がることはないということです。ある商店には、実際にはもう「代購免除」関税価格、また国内の代購商はアメリカから、日本と韓国のコーナー代購ため、自貿易協定の影響を受けないが大きい。

税関のデータによると、現在、腕時計口税進出を11%-23%、増値税は17%を超える万元の腕時計、いちばまた20%のぜいたく品消費税徴収。