機械は最もよくある状況を修理するのを送りを表して、水が入って、ぶつかります

君の皇の腕時計の知識:機械は最もよくある状況を修理するのを送りを表して、水が入って、ぶつかります
機械的に標示を表して防水機能がない限り、そうでなければくれぐれも殻を表して水が入りを免れて、水が機械の腐食をもたらすため、破壊力はとても強いです。海水は更に当たってはいけません。すぐ防水時計を明記するの、1年の防水の保障がもあることしかできなくて、なぜかというと表したのは水の波紋を防いで11年中の消耗を通って、その上汗、ほこりなどの様々な避けられないのは外原因、必ず疲れる、だから1年後で必ず新しいのをかえて水の波紋を防いで、そうでなければすぐ水を防ぐ機能がないのでなければなりません。水を防ぐ外、更にぶつかりを防ぎます。経済の能力の許可する範囲の下で、日常生活中で交替する2、3の時計がありますとよいです:静態のイベントの時に機械をつけて表す資格があって、スポーツに従事する時スポーツをつけて表して、このように使用時はその地に適した方法を取って、表す実用寿命を延長するのに役立ちます。機械が表すのは機械の歯車とぜんまいのが運行を動かすに頼って(寄りかかって)、回してどうしても摩擦が発生して、だから日が経つにつれて必ず頑張って、潤滑にしなければならなくて、部品の摩耗率を下げます。そうでなければ故障が起きてやっと修理を送りを待って、よく問題はすでにとてもひどかったです。機械は表して最も良い毎年すべて実家に帰らなければならなくて、見てみるのを検査するのは適当でないのあるいは水が入る状況を使いがありますか。

特に気候の蒸し暑さ、その上汗、雨量は汚い空気は一年中累積を待って、機械に対して慢性浸食をもたらして、損なう周波数と程度はすべて欧米、日本より高すぎてたくさんで、だから「定期検査」はとても重要です;それから3年ごとに一回の徹底的なお手入、保養を行わなければなりません。最も安全なのは修理を保養して送って、正統的な代理店の処理に比較的安全なのを任せます。内部のお手入は必ず専門の先生を任せなければならなくて、外部の清潔な仕事、機械は主なを表して自分で着手しますとよいです;柔らかいブラシで清潔の液体をつけて腕時計のバンドを洗って、最後に清水できれいに押し流すのが良いです。このような方法をも使えてきちんと整理する防水機能の表す殻があります;防水機能の表す殻を備えないでくれぐれも洗わないでください。日常のお手入の外部の仕事はとても重要で、汗のため垢、ほこりなどはすぐかすかなの気づくことができなくて、実際には依然として絶えず累積して、きれいに洗っていない話、腕時計のバンドはさびます、腐っているあるいは脆化。だから主人はまめにお手入を加える方がよいです。