香港の中環金宝表行の創始者:陳殿が飛ぶ

香港の中環の金宝表行は、表迷たちのスーパーの名店です。

金宝の創設者の陳評飛翔さんも、時計壇で徳望が高くなっている。

お兄ちゃんは、陳さんとの兄というほどの事態になっていないと聞いて、表壇の発展を話していましたが、最も真実な一課になりました。

飛兄は1940年に正式に表行に入りました。腕時計が袋の影を脱し、猛進した黄金時代。この60年を超えた日には、時計界の興衰を見て、この業界の中で大きな地位を得たと言える。
今日の時計は、ずいぶん進歩しました。「お兄ちゃんが言った。「スタイルのラインから磨きをかけて、生まれ変わりの変化がある。「この証言は、本誌の雲腕時計と実用品から芸術品へと進化したという説がある。

滄海桑田というのは、飛兄の表壇の形容である。戦後の名表を専門に代行した太平洋行、その士洋行、大栄行などは、ほぼ完全に表壇から離れていた。どうしようもなく、世の中には永遠の隆盛はない。よく言えば、この数年の年の大洋の行にはまだ一定の業務があり、多くの外資系の中国企業がすでに終生して歴史になった。

小売店も実はそうだ。以前の香港の名店は、ハンディリリー・リー記など、「白頭宮女話玄宗」という声があった。実の果たされたものは、十数年前の時間の前に水泳員がいつも手伝ってくれたフォン良記だけだ。