腕時計はいつオイルを洗いますか?

腕時計の密封問題。ケースの密封が厳密な腕時計であれば、気体、水気、ほこり、繊維などの異物が入らないので、表油は変質と揮発しにくく、ムーブメントも錆びにくく、歯車とケースの間にも微小な不純物が現れにくく、ムーブメントが相対的に保持しているのが「乾燥」です。腕時計の装着度(磨耗程度)。毎日いつも同じ腕時計を持っているなら、頻繁に使っているうちに、機械の磨耗の程度が大きくなります。逆に、腕時計は基本的に置いて持っていないなら、機械の磨耗の程度は小さいです。私は多くの腕時計を持っていましたが、15年も持ち続けていません。今出してテストします。その各性能指標は依然として合格しています。それはかなりの高さです。歩く時も特に正確です。
クオーツ腕時計はオイルサイクルを延長できます。なぜですか?それはクオーツの腕時計の磨耗が極めて小さいため、弦が上がらないし、針を動かすことも少ないし、また伝動トルクも小さいので、時計に故障があるとすぐに反映されます。男性用の時計や懐中時計は薄いタイプや女性用のウォッチのオイル洗いのサイクルが長いです。「油泥」は機械のサイズの比較的大きい腕時計に対して比較的小さいサイズの腕時計に比べて影響が小さく、薄いタイプや女性用のオイル洗浄サイクルが比較的短い、甚だしきに至っては少なくとも二年以内に一度洗濯しなければならない腕時計もあります。