この15分のクラシック再現ティソの昔を懐かしむクラシックのシリーズの1936復刻版の腕時計

腕時計の評価したのは時間の経過なだけではなくて、それは更に一段一段の味わい深いすばらしいストーリを積載しています。ティソはスタートの1853年にの百年の伝奇のストーリを表して、1枚1枚のクラシックの時から正に計算して書いてなるです。ティソは2016年のバーゼル世界の真珠や宝石の時計展の上で出すティソの昔を懐かしむクラシックのシリーズの1936復刻版の腕時計、20世紀の30年代の時計の革命を時期の代表性の製品を表して改めて、心をこめて、を1936年にすばらしい歴史がモデルを表しを原型にしてクラシックの細部ごとに解釈して、あの1段の永久不変の雄壮偉大な史詩を解けてその中を鋳造するのを演繹します。この15分、クラシックの再現。

ティソの昔を懐かしむクラシックのシリーズの1936復刻版の腕時計

敬意を表しますクラシックの起源

20世紀30年代、ひどく痛ましくて前例のない第1次世界大戦は人々に戦争の残酷なのを理解させて、産業革命を加速した下に人々の生活様式の転換。中世に見かけはりっぱだが内容がない美学設計は日に日にスピードをあげる生活のリズムの致命的な挑戦を受けました。これもこの時期の腕時計の革命出産を促しました。この時、腕時計の行為“新しい事物“、その実用性は手っ取り早さ性とだんだん更に幅広い認可を受けて、それによってだんだん懐中時計に取って代わって、初め主導的な市場。ティソの昔を懐かしむクラシックの1936復刻版の腕時計は正にこの偉大な変革した敬意を表したのが行うに正にブランドです。