腕時計は上に弦をつけてこそ上にいっぱいになるのです

この質問をよく聞きますが、中にいる人にとっては、眠りの問題は小さいかもしれません。素人には、本当に心配して困っていることと言えるかもしれません。まず、ここで2つのポイントがあります。一つは腕時計をつける時には、できるだけフルートの状態を維持することです。これは、歩く時の精を上げることと、歩く時の長さを伸ばすために必ず必要です。手の弦のすべてが自動巻きの腕時計です。二番目は機械の腕時計の一つです。もう一つはステンレスの材質です。スイスでは「NIVALEX」と呼ばれています。国内で歩いている人は「白鋼」と言います。実は成分が複雑なニッケル基の材料です。50年以上前の腕時計の炭素鋼のように折れやすくないので、上弦が力を入れすぎて折れてしまう心配はありません。
腕時計は一体上下線をつけると上にいっぱいになりますか?この問題は具体的に説明します。
(1)表の頭の大きさと関係がありますが、表の頭の大きさが大きいほうが、棒を食べやすいです。小さいほうが滑りやすいです。また、時計を見ているほうが、ケースの隠し頭管との間の嵌合が緩みやすいです。正のほうが、上弦の順調な破れに影響します。
(2)上弦の歯車の伝達に関して、不和の腕時計の芯に弦を張る歯車伝動付は各写真となく、立輪、小鋼輪と大鋼輪の歯数を含むため、上弦速度が異なる。
(3)一つの仕事の輪の数も違っています。腕時計は一つの仕事の輪の数が普通6-10周の間にあります。仕事の輪の数が多く、上弦の回数も多くなります。
(4)上弦の力加減と関係がありますが、自分で髪の毛を出す時はいつも力を入れて満杯にしています。ある人は弦を巻く時は「秀気」と比較するかもしれません。時計の回転の度は違います。