ブルガリの新しい腕時計を調べてみます

今年、ブルガリOCTO FINISSIMOシリーズは、薄型のGMTオートクロノグラフで5回目の世界リストを更新しました。硬貨の厚さが約一枚のケースには、精密で複雑な機械構造が搭載されています。方寸の間で大遊戯限界突破。今日は腕時計の家で紹介された3つのタイプの2019年にブルガリOCTO FINISSIMOシリーズから発売された新しい腕時計です。
業界の薄型腕時計の記録を5回更新した超薄型GMT自動計時コード表で、直径42ミリ、超薄型チタン素材を採用してケースを作っています。厚さは6.9ミリです。文字盤はブラスト処理チタン金属です。3時の位置の小さい文字盤は故郷のタイムゾーンの時間を表示します。24時間の目盛りで昼と夜を区別できます。6時の位置には分の時計盤があります。9時の位置には第二のタイムゾーンの表示盤があります。隣のボタンで現地時間を設定できます。表の背は透過設計で、BVL 318を搭載して、自動的にチェーンマシンの芯(厚さ3.30 mm)に乗り、外縁式自動上チェーンの振子を採用して、伝統的なタイム計測コードの機能とGMT双時区の表示機能を兼ね備えています。パワーセーブは55時間に達しました。この腕時計は7月中旬に入荷する予定で、興味のある方は各大手店に行って試してみてください。