手首がひんやりしていますが、実は腕時計も見た目の温度を下げる効果があります

炎暑の夏、蒸し暑い暑さが混在している人は、潮汐に押しつぶされています。この時は、エアコンや氷を飲むだけで癒してくれるかもしれません。この暑さに耐えられない心があります。しかし、暑さの良さも無視できないという解釈があります。それは、視覚的に冷たいということです。色から言えば、氷青、澄緑という色は、酷暑の「敵」です。色を見ています。瞬間、さわやかでがっかりするような「錯覚」を起こしてしまいます。飲み物の広告やファッションによく出てくるこの手を、手首に移してみませんか?視覚冷却の効果は同じです。頭を下げたい時は、一瞬のうちに、心に沁み入るようなさわやかな感じがします。
アイスブルー
氷の青い視覚の温度を下げる効果
澄みきった氷と青い海水
氷と青の視覚で温度を下げる。
澄んでいて澄んでいます。氷のよロレックスコピーうな水色を見ると、果てしなく広い海とキラキラと光る波を思わせます。刺されたくてたまらないです。氷のような水色を文字盤に使うと、最高です。オメガのチケット系列と伯爵のALTIPLANOシリーズは約束なしです。誰の青い文字盤を点検して、頭を下げますか?特にキャビンを通して青い海を見た時のようです。全身が水色の朗の一連の腕時計で、どうしても視覚的な冷却効果に富んでいます。