黄子の中には10個の時計箱が必要かもしれません

久しぶりに会ったのですが、最近は『夜空に輝く星』というドラマに主演しました。このドラマからすでに私たちの日常が見えてきました。「ナルシスト」「毒舌」「目には誰もいません」…これは黄子本人ではないですか?ドラマの中で黄子はずっとリチャードミルの腕時計を身につけていましたが、実は黄子の韜愛表はすでに誰でも知っていることです。今回は黄子の中の表戸棚に足を踏み入れてみましょう。彼は一体何人の時計箱が必要なのかを見てみましょう。
黄子が劇中で撮影した写真。
黄子とう
黄子が劇の中で扮する役は鄭柏時計コピー旭と言って、劇の筋は古いしきたりですが、見ている人も楽しみを求めます。ドラマの中では本来の姿で出演していると思いますが、この点については、黄子のための機知を称えたいと思います。自分らしくない役を演じて、嫌な思いをしたり、役に浮いたりするよりも、自分を演じたいと思います。歌手と俳優の間で、本当の自分をシームレスに切り替えていく、黄子の手技は実に高い。