互恵共winwinの典範:腕時計ブランドとF 1のあれらの事

2013のF1グランプリは先日開始、腕時計ブランドはずっとこの急速な運動のご支持者の一つで、腕時計のデザイナーも好きですモータースポーツの中探しから霊感創造とF 1項関係の限定表。腕時計ブランドの協賛試合自体も、いくつかの数本の大艦隊の背後のスポンサーやパートナー、また一部はドライバーとしてください。車体の上、ドライバー服やヘルメットにこれらの「広告位」の中で、あなたを見たあれらのブランドの商標?

いちRolex――F 1の公式パートナー。

もしあなたは見てその前の2日間のF1中継、きっと忘れないこの覆いユビキタスのロレックスクラウンロゴ。柵や背景などの視線は必要にされている。
2012年じゅうに月ご日、高級時計の指導者のブランドやスポーツのスポンサーロレックスは2013年に宣言して、フォーミュラワンの主な長期的なパートナー、カウントダウンを務める大会や大会時計。
あなたが見。きかと同時に、もみえて彼の背後のRolex文字?

カキ式恒动宇宙を计型迪通

この時計は特別では長距離レースのドライバーのためのカウントダウンツール、腕時計の秒針装着者を正確にカウントダウンさせるセントいち/はち秒のカウントダウン、二つをきゅう、く時やさん時位置の針盤は、結果をそれぞれ時間と分、ドライバーが正確に計画その道程時間そして作り出し、最も有利致胜の決定。