巨明グループの開発する中農は大きい明るい大型の種機械を出してみごとに生産工程を終えます

先日、山東巨明グループの開発する中農は大きい明るい大型の種機械を出してみごとに生産工程を終えて、巨明グループのために全面的に大型のハイエンドの農機具に進出して基礎を打ち立てました。今回の生産工程を終えた大型の種の収穫機、量に入って別れるのにえさをやるのが8キログラム/毎秒だ、10キログラム/毎秒、12キログラム/毎秒のシリーズが軸電流あるいは、両を跳躍して軸電流の種の収穫機を跳躍する、入れ替えを通じて(通って)台を切って、しかしそれぞれ小麦、トウモロコシ、ダイズなどの作物を収穫します。トウモロコシの種が収穫する方面に、それぞれ4~5行配置する、5~6行、7~8行のトウモロコシが台を切る、採用は軸電流の脱穀システムを跳躍して、ロングは、フリーボード食糧の筒を下ろして、電気を使うの液体の一体化のコントロール・システムを採取して、大型の農場、特に東北、内モンゴル、西北などの大きい断層地塊宿題に適用します。

このグループと中農発グループの戦略的協力の後で、機械的な領域を収穫していて延びるのを継続して、大型、インテリジェント化、多機能、適用性をするハイエンドの農機具は装備します。