よくあるドライバーは数種類ありますか?

ドライバー、ドライバー、ボルトを回転してその席についた道具を強制するのをねじりに用いて、通常1つの薄い楔形の頭があって、ボルトの頭の溝のすきまあるいはニックの内に――北京・天津・河北の方言を挿入して“ねじ回し”と称することができて、陝西、安徽、河南と湖北などは栓抜きと称します。主に2種類1字(マイナス記号)と十字(プラスの記号)があります。よくあったのは6本のドライバーがまだあって、六角穴付きとの外で6角2種類含みます。それでは、よくあるドライバーはすべて数種類どれがありますか?
1、普通のドライバー
頭の柄はいっしょにいるねじをつくって決裁(添削,批判,注文)して、準備しやすくて、取り出すのでさえすれ(あれ)ば使うことができて、しかしねじがたくさんひとつの種類の異なる長さと粗さがあるため、時にはたくさん異なるねじを支えて決裁(添削,批判,注文)するつもりなことが必要です。
2、電動のドライバー
電動のねじは決裁(添削,批判,注文)して、文字通りで電動のモーターで人手に取って代わってと移してねじを割りを設置して、通常はねじを組み合わせて決裁(添削,批判,注文)するのです。
3、組合せ型ドライバー
ねじを頭と柄の別れるねじに決裁(添削,批判,注文)して決裁(添削,批判,注文)して、異なるタイプのねじの時を設置して、ねじを頭に決裁(添削,批判,注文)して変えて、大量を用意するねじを持って決裁(添削,批判,注文)する必要がありません。よいところは空間を節約することができるので、ねじをなくしやすくて頭を決裁(添削,批判,注文)します。