水晶コア

クォーツ時計の許容誤差範囲は±15秒/月です。クオーツ時計の走行時は電池でエネルギーを駆動します。一般的にバッテリー寿命は腕時計に採用されたマシンの芯によって決められています。12ヶ月しか経っていません。弱電表示機能があれば、電池が消耗しそうな時には、秒針は隣の四秒ごとに跳ねます。このような状況があれば、直ちに電池を交換しなければなりません。部品に損傷を与えました。もし時間が遅くなると、電力がピーク時にならないので、授権修理センターで電気量を測定することができます。
クォーツウォッチは使用するマシンの芯と使用状況によって、電池の寿命が1-2年となります。高級三針の石英ウォッチには電池の消耗をヒントする機能があります。秒針の動きが異常です。つまり、四秒ごとに跳ねると、電池を直ちに交換しないと、電池が落ちて腕時計の内部の部品を破損する恐れがあります。腕時計を数個持っているお客様がいます。普段は着用しません。時に節電のために時計を抜いて止まって、表面は時計で止まってしまいました。電池はまだ放電を続けています。もし直ちに交換しないと、電池の過電流がここで放電されます。電池が落ちます。同様にムーブメントを腐食します。修理費用は電池交換の費用をはるかに超えます。