18 K金は色が変わって、かゆくなってどのように処理しますか?

工場側によると:
18 K金のバンド(殻)には金75%、銅5%~10%、銀15%~20%、合金が0.75 K含まれています。
18 Kプラチナのバンド(殻)にはゴールド75%、プラチナ11%、銀11%、ニッケル3%、合金0.75 Kのプラチナが含まれています。
黄金の外に、他の銀と銅の金属が空気中の酸塩基質にぶつかると化学群の働きをします。まして人体は長く持ちますと自然に汗と汚れが存在します。温泉に入ると、K金帯(殻)が酸化を加速して琥珀色になります。
腕時計を身につけてしばらくの時間をつけて、不注意で衝突しますかます適当ではありません触れた時のもたらす傷があることができて、腕時計のバンド(殻)がいっしょに崩れてかゆくなることが現れるのでさえすれば、全体の時計は色を失うことに見えます。
もし腕時計を長く身につけたならば、外観は傷を受けますかます衝突して凹んで深刻で、近くのアフターサービスセンターに送ることができて、最も完備している大きさの美容の処理などの方案をすることができます。
腕時計はできるだけ転ばないようにしてください。大きな衝突がないようにしてください。ケースによって変形したり凹んだりするかもしれません。鏡の破片が割れたりします。どのように撮れば、緻密な防水構造が無効になりますか?
いくつかの方法がありますが、腕時レプリカ時計計のかゆみの問題を自分で処理します。
方法の1:タイムテーブルアフターサービスセンターで「K金ワイパー」という通称のK金布またはマジック布を買って自分で拭きます。
方法二:純クヌギ属の皮を使って、酸化・色局を拭き取ります。(ガラス繊維を含むクヌギ属の皮を使って食べてはいけません。かゆみがひどくなります。)
方法の3:伝統的な引顔用の布地(新竹の凸粉)を使って、柔らかい毛の歯ブラシは少しの凸粉をつけて軽くこすって色が崩れますに比べてかゆくなる時計のバンド(殻)の場所を変えて、効果はもちろんあなたを満足させます。
方法4:柔らかい毛の歯ブラシを取って入浴乳あるいは洗剤をつけて腕時計をこすって目の継ぎ目のところをこすって、清水できれいな布地で拭いた後にドライヤーを使って彼の10センチメートルの所で乾かします。
方法5:ジュエリーウォッチの面~使用者は普段から宝石の脱落に注意するべきです。また歯ブラシを使って若干の色のラセットをつけて宝石の汚れをきれいにします。宝石専用の薬液を使って、最後に清水で洗ってもいいです。そうすると、元の明るい顔を持つことができます。