遊覧船の船の外に機械の起動しにくい原因はどんながありますか?

使うことはでき(ありえ)なくて、これは最も多い問題にぶつかるので、スズキ、東が出して、ヤマハのエンジンは私達はすべてボンディングが取引先に着いて困難な問題の電話をスタートさせるのに不平をこぼしを含んで、実は船の外で機械の使うのはいくつか専門のの“理解力”或いは“操作の習慣”が必要なので、以下は“男の1つのクラシックの枚の子分析の難しいスタートの注意事項を淘汰する”を引用するのです
もしもただ船の外で機械を恐れて始めにくくて、機のが足りるで良好なことをの身につけるのでさえすれ(あれ)ば。
1.海水が使った後に淡水の清潔の内部の冷却系統の習慣、要路の内が堆積するのを免れて、同時にできるだけ残りの化の油(脂)の蒸気の内の植物油の原料を始め終わります(ここが指すの1段の日時の起動しない動作だ)
2.牛脂を始めるのは縄の上であるいはギヤー油で、縄が摩擦するのを毛羽立つ辺減らして、寿命短いの意外なのを減らして甚だしきに至ってはひびが入ります
3.定期的に火星を点検して積を詰め込んで(常に低速が行使する時特に重要だ)を探って、予備の火星を携帯して含んで簡易に道具かばんを補修するのを詰め込みます
4.蒸気、機械の混合したのに注意して割合を添加します(個人の習慣:40対1、計算する蒸気の4リットルの加入機械の1百cc.)