湯唯がおじさんに会った時

北京のバイキンの女性の胸元の宝石がきらきら輝いている。
映画の中の湯唯は最初は徹頭徹尾の「拝金女」あるいは「敗北金女」だった。彼女は最高の服を買いたいです。一番綺麗なアクセサリーを買いたいです。一番高価なものを楽しみます。この時の彼女は首の上のあの2つの列が重ねてつけているプラチナのネックレスのようで、高調、誇張、誇りまた物質。
北京のバイキンの女
彼女の拝金スタイルを最も際立たせているのは、当然ウブロコピー一番購買力のあるジュエリーショップです。贅沢品の買い付けサービスに対する感覚を思いっきり体験したいなら、華やかな装いが必要です。湯唯が拝金女を演じた時のあの辛辣な顔は勉強できませんでしたが、自分を美しく装っているのは一人の女性の願望ではないでしょうか?
北京のバイキンの女
今回の湯唯が身につけているネックレスは二つあります。一つ目は伯爵Possession円環垂飾りで、二つの輪は独立して愛しくて、深くめぐっています。愛情を暗示しているようです。絢爛たる一枚のドリルとプラチナで刻まれた「Possession」という言葉が魅力的です。第二のモデルはPiagetハート型ペンダントで、18 Kのプラチナで作られ、22粒の円形のダイヤモンドを配合しています。ロマンチックな雰囲気に富んでいます。洗練されていて、優雅で、各着用女性がそのお金の柔らかさを感じられます。