腕時計は偶然振り子が止まって故障ではありませんか?

腕時計は偶然一回が振り子が止まって故障ではありませんかが現れますか?その後回復することができるのでさえすれ(あれ)ばのが正常で、しばらくそれを構わないことができます。いくつか偶然の要素があるためです:もし上條を忘れた、針を動かした後に柄を進める頭を忘れて、あるいは過程で偶然震動させられて空中に垂れる糸掛けるのを使っていて、あるいはある部品のこう着などはでも振り子が止まりを引き起こして、しかしあとでまた直ちに回復することができるのが正常です。
以上は現れるの正常な問題で、しかしもしもよく振り子が止まりが現れて、行わなければならなくて修理したのを検査します。

自動的に表して振り子が止まります:腕の揺れ動く回数を増加します

“新しく10日つけて2度止まりを表す”は基本的に性能の問題ではなくて、そうでなければ毎日止まります。最も有り得たのがつけて表すのだ時イベントは足りないで、腕が揺れ動くのがより少なくて、そのために腕時計の動力は至る所に不足します。

今の社会、人が坐っているのが働いたの多くて、運転するのが車に乗ったの多くて、歩行者が少なくて、手の上弦(弦を補う)はすでになって自動巻き腕時計の必ずしなければならないのを持った資格があって、そうでなければ腕時計が幸運で長さ足りないをの招いて、よくストップ・ウォッチは幸運な精度と悪くなります。自動巻き腕時計はそれがみんなが理解ととの同じに絶対的な“自動的に”を想像するのではないをの知っています。だから言って、自動巻き腕時計が本当に、それを“腕が式に揺れ動いてぜんまいの上弦装置に協力する”と呼ぶほうがいいのがこんなにもう少し適切です。

処理方法:自動巻き腕時計はひとまとまりの自動上弦の機関があって、腕を通じて(通って)揺れ動いて腕時計の上弦になります。一部の日本の腕時計以外、自動巻き腕時計はすべて手を使って上弦に来ることができるので、手の上弦で自動上弦の不足を補いに用いるので、あるいはつける運動量が不足するそうです。