客間の掛け時計は窓に面することができますか?掛け時計は重んじるのがなにかあります

時計の最大の機能は時間を知らせて、そんなに家で比較的目立ちあるいは比較センターの位置を並べるべきです。しかし聞くところによると客間の中の掛け時計は窓に対して人に対してよくない影響があって、そんなに要してどう置くべきです。
1.客間の掛け時計は窓に面することができます

時計はいかなるつに対してレイアウトするのをやめて、普通は高くあげる場所を向いてい始めて窓の外のでようだ、を並べるべきです。時計が締めくくる効果を闘うもあるため、もしも窓の外に殺気があって、レイアウトしていて状況で物品のを解消して、また時計を殺気の方にも面することができます。掛け時計は客間の主な光源の側面で掲げて、とても光線がとどかないのができなくてあるいは主な光源に対して反射光の影響が生じています。
2.家の掛け時計は重んじるのがあります

家の掛け時計は重んじるのがなにかあります:掛け時計の数量は容易に多すぎありません。掛け時計は、時間の効果を気づかせる装飾があって、1つの腕時計の時にあなたははっきり時間を知っていることができるのでさえすれ(あれ)ば、時間を知らない2人および、以上の腕時計の人があって、だから1つの空間の1つの掛け時計がと言います。家の掛け時計が多すぎて、かたかたと音の個は止まらないで、交換するのが人のいらいらする息せっかちで、部屋の落ち着いているのを破壊する、福が運ぶ、金運が定まらない、変数を発生しやすいです。たとえあれらは時計のを売っても自分の掛け時計を譲りをすべて行き来することはでき(ありえ)ないとしても、この動き出した掛け時計は全体の部屋の息場に影響することができて、だから客間の中で1つの掛け時計を掲げて、数の掛け時計を掛ける必要はなくて、もしも掛け時計の友達を収集することが好きなので、多数を掲げる時彼らを行き来しないでください、静かな展示品として。