壁の上で掛け時計は期日どうして調整して、掛け時計は期日調整の方法は分かち合います

時計は時間を知らせておよび目覚まし時計などの効果を設けるのがあることができって、しかし時計は働く時を停止するもあって、たとえば電池が電源が切れてあるいは機械的な時計の仕事時差が存在する時間を知らせて許さない情況もよくあるなことをを招きます。それではあなたは掛け時計の期日の間違った調整の方法を知っていますか?次に私達は見てみに来ましょう。
1.掛け時計は入って時間を設けます

まず設置のプッシュ・ボタン、エントリタイムの設置の状態を押さえつけます;それから、再度設置のプッシュ・ボタンを押さえつけて、調整して調整する位置が必要なことができて、それから鍵盤を引き上げるか引き下げて時間設置を行いを押さえつけて、設けたのが良くなった後に、再度設置の鍵盤を押さえつけて位から下りる数字の調整、時間の期日に調整が終わるまでを行います;最後時間がうまく調整した後に、必ずエスケープキーを押さえつけなければなりません。
2.掛け時計が調整する時分秒

時間を調整するのは5時35分で、旧式の掛け時計あるいは555札の置き時計はでも自動的に準備して、しかし時を打って2種類が時間を知らせる方法を準備するのがあって、整えて準備するので、他のベルトは刻んですぐ少しの全体だ以外準備しますと、15分も一回時間を知らせます;時間を知らせてと実績時間シンクロナイズしない時調整の方法は次の通りです:現在時間設けるのは5時35分です。調整が同時に時間を知らせる時指の順時計方向で12時まで分針位置を弾いて、時間を知らせて数えるのを整えるのを聞いて、2時にこの時時計の針がすでにもしも6時の位置(すぐ時計の6時の時報の2時)を指したのを申し込みを耳にしたら、指の反時計回りで時計の針を弾いて、時計の針着いて2時指して、それからまた順時計方向は分針を弾いて、また整える時まで(に)止まって、この時の時計3時申し込むに応じて、再度分針を弾いて時計4時指示して、時計は4時申し込んで、5時まで割り当てられて、時計が5時申し込んだ後に正確な時間まで引き続き割り当てられるのが良いです。つまり、順時計方向は長い針を動かして着いて整えて、聴取してポイントを打って、反時計回りは短い針を弾いて時間耳にしたのがポイントを打つとように指示します;順時計方向は長い針を弾いて、整えるまで(に)この点が時間を知らせてレジュームを終えて長い針を弾きを待ちますと、必要まで時間を指示します。