アジアを飞び出して、全世界に达しました

今年3月には、第49回スイスバーゼル国際時計ジュエリーショーが始まり、各高級ブランドは次々と多彩な時計を披露しています。その中で、飛亜達はバーゼル時計展1号館として初めて中国からの腕時計ブランドとして、専門的なタブ精神で、中華美学文化の内包を結び付けて、大師シリーズ敦煌のテーマ腕時計、マッハシリーズの「殲-20」連名限定モデルなど芸術的な美感と収蔵の意義に富んだ時計を表現しました。展覧会場では、飛亜達グループ株式会社社長の黄勇峰さんにインタビューし、この展覧会を通じて会話を展開しました。
飛亜達(集団)株式有限公司董事長黄勇峰氏
腕時計の家:今回の飛亜達が出展した作品の中で、どのシリーズの時計を重視していますか?
黄勇峰先生:飛亜達が今年発表したいくつかのシリーズの作品はそれぞれ特徴があります。例えば、マスターシリーズの敦煌のテーマリストは、飛亜達が文化芸術に対する理解、古い手締めのエナメル工芸、及び専門の表を作るための精益求精を合わせています。私自身も大好きです。消費者、メディア、ディーラー、業界関係者から広く注目されています。