個人の人名は表して世界の特別招待をオークションします

もしもあなたはスイスの競売のロレックス(rolex)に名が表しを行きたくて、あなたはスイスに自ら臨みますとは限らなくて、北京にあなたはこの機会があります。先日、スイスの有名な時計の収集家の蒙達尼先生(GuidoMondani)は彼の20数年を秘蔵する400数匹の貴重な品のロレックスの腕時計を持っていて北京に見得を切て、1つの腕時計個人博物館を連れています。あなたは願うのでさえすれ(あれ)ば、あなたは、競売を見学することができるだけではありません。

豪邸の中のきらきら光る光芒

2006年3月19日、《流行時間》雑誌社と瑞士安帝古倫オークション会社から共同開催して、《流行の住まい・不動産購入》メディアは協力するのは支持した“2006個人の人名が表して世界の特別招待(北京)の巡回展をオークションする”は北京で“皇の市内の最高級品の豪邸”のNAGA上院はします。その上豪邸は名は表して、いつも人に名状しがたいあこがれがあらせます。
これが建国になってから、国内の最も盛大な時計は特別招待をオークションして、特別招待の展示物のは1つで値段を見積もる6万から300まで万元の人民元は待たないで、共に400数匹、総価格は天文学的数字に接近します。北京での展覧の後で、これらの腕時計はまた(まだ)上海にあるを2日間に展示します。
展示する背後は安帝古倫オークション会社のたゆまぬ努力で、唯一の1家として専門的に時計のオークションする会社に従事して、30数年来、帝の古倫をつけてこれまでの毎期のオークションの上で一つ又一つの表す壇の神話を作りました。56匹の腕時計は主要なのがオークションを公開する中で100万スイスフランに達する価格を撮影して、その中は44がただ帝の古倫をつけてオークションしていきを通るあります。2002年に、帝の古倫の驚かせる660万スイスフランの取引価格(403万ドル)をつけて1モデル1939年プラチナの金製造するパテック・フィリップ(PatekPhilippe)の腕時計で撮影して、世界の腕時計の価格を創造して最高なことをオークションして記録します。
安帝古倫会社の最初に定めた特別招待の都市はあります:ジュネーブ、ミラノ、上海、香港、東京とニューヨーク。しかし中国の腕時計の収集する巨大な市場は彼らに北京の1駅を増設するのを決定させて、だから収集家達の切実な願望を満足させに来ます。中国の時計の愛好者にとって、環球の特別招待は更に席の移動するロレックス博物館のようです。一人一人の見学者を世の中の最もめったになくて最も貴重なロレックスを味わって表すことができるのに遠い旅に出る必要はありません。