20万の時計を持って、男の人は何を重んじていますか?

2018年、一部のスイスの時計ブランドは表展を終了すると言いました。一部は表展が重要であり、継続しなければならないと表しています。
表ファンにとっては、自分で表展の現場に行く時間が少ないです。時計の情報はすぐ手元に届きます。そして、新しい表が店に来るのを待っています。展示しないのは私と関係がありません。
緊張した時計のブランドがキャンセルされるのは主催者だけです。
2019年1月、SIHHは予定通り開催されました。ジュネーヴはこの冬はあまり寒くないです。雪は降らないです。
主催者は何とかして展示をより価値のあるものにしたいです。一番大きなアクションはビデオ生放送です。SIHH Live:Auditorium、4日間連続でブランドと関係者を招待したり、講演をしたりします。