日本ムーブメントJapan Movt紹介

腕時計に使われているマシンの中で、スイスのムーブメントが一番いいです。次に日本のムーブメントです。写真はスイスのムーブメントです。日本のムーブメントについてはあまり知られていないかもしれません。腕時計の家と一緒に日本のムーブメントを調べてみましょう。
日本ムーブメントJapan Movt紹介
精緻な仕事を例にとると、日本の腕時計業界の看板であるスイス人の急先鋒であり、精密な仕事に欠けていたコピーできない歴史以外はほとんどなくなりました。工業デザインもマーケティングも日本企業の優れた伝統を受け継ぎました。また、製品ラインが低いから上ロレックスコピーに跨るのもスイスやドイツのタブ企業が多くありません。見てもいいです。レクサスのように一番才能があります。量産のハイブリッド車を発売したのと同じように、精密な仕事は初めての量産機械の電子混合自産ムーブメントの時計工場でもあります。この一つは精緻な腕時計のムーブメントの研究開発に肯定力があるとは言えません。また、伝統的な時計業界ではこのような新しい力の恐ろしさを意識していません。この一つの価値計算時の時計はオークション場での予想最高価格はわずか3万円です。香港で打ったのですが、実際の成約価格は8.7万元に達しました。3倍近い最高の見積もり価格です。