和田玉の新しい分類

伝統の観点と業界の慣例によって、和田玉は色の特徴を根拠にして分類を行うので、この分類は決して品質とランクを代表しありません:
白い玉(羊の脂の白い玉):優良品質の白い玉の俗称の“羊の脂の玉”、その色が脂の白色を呈するのがあるいは脂に接近する白くて、材質はきめ細かくて潤いがあって、油脂の光沢、不純物が派手な少量の石があることができて、白い玉の中で分かれる優秀な品種です。

白い玉:各種は白い色調を主な和田玉にして、常に少し灰色で緑で、薄い青緑色で、褐色の黄、薄い紅色あるいは紫のほこりなどの色調に付いていて、材質がきめ細かいです。もしその中の砂糖の色がわりに多くて、占めて体積の30―85%時まで(に)砂糖の白い玉と称します。

青の白い玉:ほこりの緑色、スチールグレー、山鳩色などの浅い―の中等の色調の和田玉の品種、白い玉と青玉の間に介在します。
青玉:ほこりの緑色、スチールグレーなどの中等-濃い色の和田玉の品種、たまにブルーグレー、深緑―青緑色の緑色、たばこのグレー、ほこりの黒色などに付いていて、青の白い玉と主に色の深さの違いです。