新しい眼鏡の注意事項をつけます

新しい眼鏡の注意事項をつけます
重層に膜のガラスの破片と樹脂のレンズは清潔の時、直接木綿あるいはティッシュで拭いてはいけなくて、裂け目の鏡映面を交換して、清水を使えて水で洗い流して、適量の黒の液体あるいは洗剤にも参加することができます。水で洗い流した後に鏡の布でそっと拭いて乾かします。

もと度数の同じ新しい眼鏡、メガネフレームの性状のためとと違い、メガネフレームの瞳異なる、額縁の表面の弧度の同等ではない原因、まで物あります相違、ある適応する期、もし2週間の後で依然として思う調子が悪い、任せる視力測定する単に現地まで(に)買う店再検査する。

超薄のレンズはレンズへりで物、虹の現象があります。度数が高越に越えるのが明らかで、このは正常な現象です。

レンズが4本のねじに頼って(寄りかかって)ただつながるだけのため枠の眼鏡がない資格があって、レンズが圧力を受けるのを免れるべきで、つけない時箱の内に入れるべきで、使用時は両手にとってつけてもらいます。

老眼鏡がただ本を読むだけことができる時使って、歩く時使わないでください。レンズへりが比較的薄いため、軽く持って取り扱いに注意するべきです。