子供に鏡を配合して注意が必要なことがなにかあります

レンズの比較的良い選択の樹脂のレンズ
家長は子供の選択の眼鏡レンズに時、まず樹脂に硬い眼鏡レンズを考慮するべきで、ガラスのレンズが割れやすいため、子供の目に対して損失をもたらしやすいです。樹脂のレンズは主に乱視の軸方向像に正確なように求めて、配合した光度は必ず正確でなければならなくて、レンズの上にかききずがあることはできなくて、泡と不純物があることはできなくて、子供の選択組み合わせする眼鏡レンズの度数に必ず国家の公布する品質テストの標準に合わなければならなくて、光の屈折率の誤差は米国規格の要求の範囲以内にあるべきです。

額縁が選んで頼んだ鼻があります
家長は子供に眼鏡を選ぶ時できなくて全く目の額縁の外観によって選びに来て、普通は10歳以下の子供が鏡を配合する時選んで鼻の頼むすべての枠のグラスホルダーを保護するのがいることができて、10歳以上の子供は基本的に半分枠のメガネフレームを選ぶことができました。