全体の宇宙は一つのダビンチしかないです

中国語圏の有名な時計ジュエリー評論家で、専門的な機械時計を鑑賞し、ジュエリー、生活、文化、芸術などの各分野に対しても独自の見解を持っています。「引想力工房」を創設して、専門文案、顧問、講習などの仕事に従事します。
毎日本を読んで、毎日字を書いて、一緒にローラの書斎を読みます。
ミラノ大聖堂の隣にあるアーケードCorso Vittoro Emanuele IIショッピング街の一つのブルガリコピー支線の果てに小さなダビンチ博物館があります。この展覧会の動線は小さくてでこぼこな博物館で、数十件のダビンチが生前に設計した楽器、武器と測量と工事の道具を隠しています。ダビンチが残した原稿に基づいて、当時のダビンチが描いたものや可能性のあるものの模型を作り直しました。デジタルメディアではダビンチの原稿の内容が合っています。この小さな博物館をじっくり見ると三時間以上かかるかもしれません。