華米の腕時計の裏に傷がありますが、どうすればいいですか?

ケース表面のプロセスとしては、基本的に2つの種類があります。研磨と砂引きの両方があります。オルガンの腕時計のケースの傷を修理しても、元のプロセスに従って、大面積の毛道類の摩耗がしやすいです。しかし、もっと深いハードスクラッチがあれば、面倒です。砂引きの手法は、このような傷をすり減らすには十分ではない。ケースやバンドの部分に深い傷があります。修理の前に部分的な処理をしなければなりません。場所を見てください。例えばケースのシェル側、さらに細かいヤスリを使うかもしれません。もっと多いのはオイルストーンを使って、さらに鏡の下を拡大して、より深い傷をボーリングします。深さの傷がある場合は、部分に重点を置いて先にオイルストーンで磨きます。これは拡大鏡の下で行われる必要があります。傷を均等に研磨するために、傷がほとんど磨かれて平らになったら、粒度の適当な砂紙を選んで、元の引き砂模様に沿って磨きます。通常はこの模様は文字盤を中心に放射状になっています。の効果があってこそ真に迫ってきます。砂紙はジュエリー業界で使うものを選んでください。できれば輸入したほうがいいです。例えば、ドイツの勇士カードの水砂紙です。手に持っているものにもこだわりがあります。外科手術の止血はさみを使って、砂紙を一つだけ取って、二つ折りした後、止血でクランプして、元の紋様と平行して砂を引くことを勧めています。サファイアガラスは比較的に硬いので、それを考慮しなくてもいいです。しかし、ロンジン腕時計のケースはステンレスです。必要な時はビニールでカバーしてもいいです。技術的な面では、必ずすべての砂引き模様をまっすぐにして、しかも文字盤の中心から放射状にします。