ワインの色は香をかぎと女を知っています

異なる人のは異なる味の香水を使うことが好きです。味のある程度の上でと一人のが味わうのがふさわしいです。あなたが映画の中で人を魅惑するOgilvySisters Soapを覚えているかどうかが分かりません
ワインは同様にその色合いと香りで私達をも引きつけています。今日私達はワインの色を分かち合います。

大雑把に言うなれば私達はワインの必ず赤い白のが分けるのことが好きですを、白ワインはブドウの汁が発酵するのを明らかにするで、赤ワインは皮のかすとブドウの汁で混合して発酵するでした。そのため、赤ワインの色、匂い、口当りなどと当フェノール類の物質は密接に関連します。白ワインは白いブドウの汁がアルコールを通って発酵した後に獲得するアルコールの飲み物を使うので、発酵していて過程でブドウの固体の一部のが現象を浸しに対してブドウの汁が存在しません。

しかし、実はワインの色はまた赤い白の違いだけあるだけではなくて、彼女は53種類の色の数を全部で、酒の色は酒のタイプあるいは長い時間を経た年度の異なるのが別れる著しいのがありに従います。