きき酒をする5s掟

1つ目S(sight/色を見る)

白色の背景(たとえば食卓のテーブル・クロス)の下で、少し傾くグラス、度を明らかにするのと酒の色調、水質指標の色度を観察します。専門の酒の味ききをする人はまた(まだ)液面の構造を観察して、たとえばへり線(RimEdge)、辺の辺縁層(RimProper)と中心区の“酒の目”(Eye)など、飲酒可能年齢、生産区、年度、気候などの特徴を分析しに来ます。

2つ目S(swirl/杯に揺れる)

軽くて遅くグラスに揺れて、回転する酒の液体空気と十分に接触して、香気の釈放を加速します。酒の液体が1人の赤いスカートの若い女性に似ていて軽やかに舞う時、“ひとつのつの杯”の現象が現れて、つまり杯の壁の上の酒は滑りの痕跡を垂らして、ロマンチックな仏国民は“酒の足”あるいは“酒の涙”と称します。“酒の涙”は、もっと多く移動のスピードはもっと遅くて、酒の精度と糖分量が、比較して言うとこの酒の口当り比較的豊かな郁がもっと高いも表明します。