腕時計の周波数を上げる

腕時計の周波数は腕時計の振動周波数ともいいますが、実は全部腕時計の心内の置き輪が単位の時間内に振動する回数を指しています。物理学では物体の振動周波数もヘルツの単位です。しかし、腕時計(時計)はめったにこの習慣がありません。普通は半振動で本当です。つまり左右の置き輪を一回ずつ計算します。ヘルツ(Hz)を単位とします。身震いして揺れ動く物体は単位時間内に全部震える回数を完成して、単位時間も秒を使って、腕時計の周波数を放すのは一回/時に単位をすることに慣れて、つまり一時間内に輪を放して左右に動かします(振動)の回数を放して、普通はA/HあるいはV/Hを使って部門をします。
輪は腕時計の中で高いオーデマピゲコピー速度の放し運動をするので、しかしもしそれを換算してヘルツの部門を使うならば、この数値は比較的に小さいことができて、普通はいずれも2.5~4にあります。Hzの間では、機械的な震えは決して電子とは限らないです。通常は限界があります。無制限に上げられません。これは震動物体の何回のサイズと関係があります。小さくて薄いものでも震え上がる頻度が高いので、高周波の腕時計は車輪の直径も写真に対して小さいです。