当は娘にブロックリストの36歳を選んでカシオの5035Dを好きになりを考えています

82年生人、内陸の省は開けていないで簡単で、両親普通国有企業の従業員、両親が良好な教育の条件を提供してあげたのに感謝して、家庭の収入は私の支出もただずいぶんだけ教育について支出して、自分のその他の願望に対して自然と満足させることができなくて、私も両親に言い出していません。初高校の時にカシオをつける同級生があって、ただ自分ではるかに見て、しかしも決して殷のうらやましがるイタリアがあるなくて、高校大学、仕事に参加して、それから自分で商売をして、大学の同級生が集まったの後にと、同級生のつけるロレックスの緑の幽霊を見て、やっと表す考えを買いを始めて、すでに36歳になったため、ロレックスについて歩きだして、何モデル見て、一応必ずの間で金藍はあるいは導いて通して持って、計画は年末に香港あるいは日本に時計を買いを行きます。上述の文字を詳しく述べて、今回のために偶然にカシオの5035Dに会っていくつか下地をするで、自分で小さい時にこの条件がないため、自分で子供があった後に、できるだけ多く彼女を育成して、私は2人の娘がいて、私はまた1人の徹頭徹尾の娘の奴隷で、娘が自分が好きなことに勝りが好きで、わざわざ次の通りな本を買って上小学校の娘に研究してそして腕時計を選びに来ます.
この本もフォーラムの中でのルートに小さいパートナで、こので感謝の意を表わして、その前の数日間が街をぶらついた時、現地にあるヘンドリのコーナーは娘に時計を選んで、彼女は適切なモデルを見ないで、ちょうどひとつの5035があって、その時すべて見つけていないで、ただ本の表紙のモデルがとても似ていると感じて、店員はとてもわかりがでもなくて、私がインターネットを利用して調べた後に、やっとこれが35周年紀念版をも知っていて、青春をしのぶため、直ちに押さえます.