黒い幽霊は探しにくくて、バンコクはオメガの復古するセイウチに入ります

入ってと淵を表す深く海のようで、機械をつけて表すすでに78(7,8)年あって、大学から卒業する第ひとつの米度のべレン試合がロンジン名の職人まで(に)美しくて、機械の表したのが心を奪われるについてますます自力で抜け出せないで、機械的な表す精致な米、大部分の男は米が拒絶しないのを信じて、このフォーラムに行ってから、学んで多くの専門の知識に着いて、機械について表す要求はだんだん高くなって、友達がグロック黒水の幽霊をつけたのに会ったことがあるから、つけたのを試みた後に、ずっといつも忘れないで、マカオ、日本、香港、すべて一面に探し求めて、すべて商品がなくて、ちょうど良い8月に従業員を連れてタイの観光に行って、同じく見つかることができると心の中で考えて、結果のバンコクのいくつ(か)の大きい商業センターはすべて商品がなくて、気持ちのつまずいて転ぶ底。オメガ店を通る時、入って1つ見て、たちまちセイウチに引きつけられて、風格設計と水の幽霊は似ていて、その上チップも良くて、広告をする007ジェームズ国のドイツがもあって、慣れてつけますと、計略はとても細くて、大きく殻を表して御することができ(ありえ)ないで、慣れて感触が良くて、ただちにカードで払って押さえて、店員は95割打って、また(まだ)1匹のオメガのペンを送って、黒水の幽霊がないが、しかしこの復古のセイウチも十分にいくらかの年を遊んで、黒水が鬼、縁があってもう1度会ったのであるしかありません。いっしょにつけて帰国して、見れば見るほど美しくなります。友達達を表すに分かち合っております。