IWC万俵は、新たな大型パイロット「左の冠」の腕時計を発表しました

2019年8月2日、シャフハウゼン・IWC万俵の人気パイロットシリーズに力作を加え、右手に腕時計を装着する人のための専属大型パイロット「左表冠」の腕時計を初めて発売した。この新しい時計の冠は左側にあり、IWC万俵パイロットシリーズのクラシカルなデザインスタイルを踏襲しています。この期待されるパイロットシリーズの新作は250枚限定で、2019年9月からIWC万俵中国大陸の各専門店とライセンス販売店で発売されます。価格は113,000人民元です。

インスピレーションはIWC万国表が1940年代に作成した大型パイロット腕時計(52 T.S.C.型)に由来し、大型パイロットの「左表冠」腕時計は46.2ミリの超大型サイズ表径を持ち、パイロットシリーズの家族の典型的なデザインスタイルを引き継ぎ、クリアで読みやすい操縦室ダッシュ式の文字盤を採用しています。新作の目玉は、マーク的な「オニオンヘッド」の円錐形の冠位置をケースの右側から左側に移すことだ。

左の腕時計は右手に腕時計をつける習慣がある人にとってより実用的で、40%近くのパイロットが左の利手であることから、右手に腕時計をつける傾向があります。IWC万俵は航空分野で歴史が長く、「左の冠」の腕時計を開発することは、そのパイロットシリーズにとって必然である。

IWC万国表の最高経営責任者クリストファー・グレインガー・ハイアールはこの新作をこう評価しています。この新しい「左の冠」の腕時計は、工事の設計境界を突破するためのIWC万俵のたゆまぬ努力を実証しています。それはあなたが期待するすべての経典元素を備えているだけではなく、このような重要な革新設計も含んでいます。」