映画『西虹市初富』には何をつけていますか

今週の金曜日、映画『西虹市首富』が公開されました。豆弁は1部兄弟映画「シャーロットの悩み」には及ばないが、興行収入が高く、3日間で8億。

『西虹市初富』の物語は、『シャーロット悩み』の特異な城西虹市。アク級のアマチュアサッカーチームの守門員の王多魚さん(沈賀)は、試合の失敗で離脱した。人生の低谷にある彼は、謎の台湾財団を受けて1カ月の花光十億資金の挑戦を受けた。楽しい生活が始まったと思いきや、「お金を使うのが悩み」と初めて感じた。最高峰に人生を逆転したいのは、本当に簡単ではありません。

この公衆号の伝統に従って、今日また映画の中で何をつけていますか。角度を変えて「西虹市首富」を見る。
王多魚を監督して金を使う会計「夏竹」は、王多魚の個人会計を担当する前に、会社が倒産して会社を倒産させて辞職し、金融街の黒寡婦と呼ばれ、再開した彼女は台湾から西虹市に来た。劇中では、アゲからの金色の殻の腕時計を身につけた。