Corum昆崙腕時計、発売するケースと特大表Bubble大鏡泡の腕時計

スイス創意タブブランドCorumコルム入る2000年の節目に、大ケースと特大表し鏡Bubble泡の腕時計、その破格の概念はたちまち注目熱おだて新ミレニアム腕時計の代表作。じゅうご年後Bubble腕時計は再び凱旋を打ち立て、その焦点シリーズの超然地位;Bubble家族中のOpアートモデル念目新しくて、2項の新しいモデルの公式登場。
CORUMコルム新型泡の腕時計
Bubble腕時計のアーチクリスタルガラス表鏡厚さはちミリであり、まさに市場で最大の表鏡デザインの1つは、レンズの機能も増幅あるいは曲げ文字盤視覚効果。Corumと工業デザイナーNicolas Le Moigne協力構想2項の新しいモデルのデザインとして、その中から幻芸術(opticalアート)取材。視幻芸術、「欧普芸術(Opアート)、当時ハンガリー生まれのフランスビクターVasarely画家と呼ばれた視幻の芸術の父。