皮のベルトをどう洗いますか?ベルトテーブルの洗浄

頻繁に会うベルトの材質は非常に多く、ワニの目皮、トカゲの皮、ダチョウの皮、サメの皮、小牛革などに分けられています。どの材質でも長くかぶると臭いが発生しますので、確実に洗濯して乾燥を維持するのはベルトのメンテナンスの一つです。
時計のバンドが濡れたらすぐに布で乾かし、ほこりがあれば布で払ってもいいです。また、長時間太陽に当たるとベルトが変質しますので、注意が必要です。
少し太めの石けん水をつけて汚れを素早く拭き、ぬれた布で拭き取ったらいいです。太めの石けん水が肌にしみ込むのを避けるために、全体の過程は20秒以内に完成したほうがいいです。また、消費者はベルトに皮油を塗ってもいいです。皮革油はベルトに保護効果があります。
バンドの装着がロレックスコピー長くなると、脱線して異道が発生し、「硬化」も頻繁に発生する症状です。バンドが常に湿っぽい環境にあると硬化速度が加速し、汗にも皮質が侵食されます。バンドが変形したり、硬化したり、破断されたりします。腕時計の紛失や転倒傷を招きます。普段は手入れを怠り、バンドが硬化している時は曲を折らないようにしてください。適してください。バンドの交換も絶対必要です。