ジラール・ぺルゴww.tc JohnHarrisonグリニッジ標準時のシリーズの制限する腕時計

ここ数年来、エナメルは次第に行って1本の上昇の通路に入りを表して、品種は日に日に豊富で、数量は日に日に(国産のブランド、スイスのブランドがすべてしている)に増えて、価格はずっと先高であることを維持して、そこでまた鑑賞、投資、収集などの多い話題を影響を及ぼしだします。実は、エナメルに一体どうしてこのように人をうっとりさせてまたこのように高く届かないをの表しを聞いて、はっきり言うとほかでもなく2つの字、ひとつのは“精密だ”で、ひとつのは“まばらだ”で、これもすべての芸術品、贅沢品の共通性で、エナメルでただ表して体現しているのがとりわけ十分なだけ。エナメルの技術は腕時計として芸術の中を飾って、美術の技巧の製造する各種がと実用的だで互いに結合してそして価値の工芸品を鑑賞するのがあるので、物質の製品、またある程度の精神の方面の審美性があります。物質の製品として、それは一定時代、社会の物質生産と技術の水準の向上を反映しています;精神の製品として、その視覚の如実な(造型、色、装飾)はまた一定時代の審美眼を体現していました。