中国式の買い手の誕生記

南昌、張bei、2002年に“例外”の代理店のセールスマンを始めてレディースファッションのブランドになって、ブランドに従っていっしょに潮が満ちて潮が引きます;

南京、郭子儀、2004年にこっそりと通信専門の仕事を解雇して、両親をごまかしていて学生の時兼職するブティックの商売を継続して、上海七浦路市場から韓国東大門まで(に)、彼女はすべて買い手です;

舟山、アワ、2015年前、彼女国家機関勤務する、,の少しずつの蓄えの資源身の回りの高い婦達代理購入贅沢品;利用の留学の時

Alice,若い頃ロンドンの仕事の時買い手の店をぶらぶらすることが好きで、2012年に休暇は上海に帰って、“国内のショッピングするシーンがやはり(それとも)こんなに単調でおもしろくない”に感慨を覚えます;

今、彼女たちはすべて1つの共通の身分があります――買い手の店の女将さん。

国の内線の下で小売業は振るわない際に陥って、新興の買い手の店はまばゆい星の環を配っています。時間は引き延ばして2018年の3月の最後の1つの週末まで帰って、上海のファッション週間の秋冬季、全国の“流行している星人”は上海に集まります。買い手として、彼女たちはただ何回のショーを見に来るだけではなくて、また(まだ)一刻も休まないで所属の買い手の店のために新しい1季の商品の代金を選びます。

このようなシーンはすでに34(3,4)年続けて、未来恐らく演じれば演じるほど盛んになります。