自由であふれ出ていると絶えず改善する解け合う百年の漢のミルトン、漢のミルトンの発展

自由であふれ出ていると絶えず改善する解け合う百年の漢のミルトン
1892年今なおから、漢のミルトンの腕時計のずっと固めるアメリカ企画の風格は試す信頼できる品質をしばしば経験するのと世間の人の愛顧を受けます。この地下道の米国のブランドは過去の百年余り中で、近現代の米国の経済の文化の発展する過程を目撃証言して記録して、米国とと一緒に成長します。それの血液の中で流れる情熱があふれ出ていてと個性的な米国の精神を求めて、いまどきになって依然として光り輝きぱっと光り輝きます。
きらめく米国の精神
1892年、漢のミルトンは米国ペンシルベニア州ランカスターで創立します。当時米国鉄道がシステムを建造したのは整っていないで、正確に統一するサイクルコンピュータがないのため事故はしきりに出して、この時漢のミルトンの腕時計は気運に乗じて生まれて、その生産の鉄道のサイクルコンピュータは精密で必ず信頼できて、交通事故のために句点を描いて、ここから評判は盛り上ります。漢のミルトンの腕時計もアメリカ人に“最も精密で正確な鉄道の時間単位の計算”を称させられます。
精密で正確な鉄道の時間単位の計算なだけではなくて、また(まだ)米国の主要な航空会社のになってサイクルコンピュータを指定します
鉄道建設を除いて、米国は民用航空の領域でも世界の前列を歩いて、漢のミルトンは義を見てためらわないで米国の多数の主要な航空会社のになって時間単位の計算を指定して、そして史の上で初めての米国のものの直航するサイクルコンピュータになります。1戦いと第二次世界戦争の時に、漢のミルトンはまた軍の表す代名詞になります。米国財政部に“1分の民兵賞”の光栄な称号を授与させられます。