どら湾の時計屋:ラッセル街の「ジャングルの法則」

香港銅鑼湾ラッセル街は世界で一番高いショッピング街です。カウンターの中年男はスーツを着て、髪を几帳面にして、言葉づかいを重んじて、左の腕には薄い金の腕が見え隠れしています。彼は毎日何十、何百、ひいてはたまに千万の商売をしています。「手に入れるといいかどうか分かります。機能は往復して十数種類です。時間、エネルギー表示、カレンダー、ドラフト…永遠にその宗旨を離れない。」

彼は劉慶忠といいます。宝石時計店の銅鑼湾販売区の責任者で、時計業界で30年以上も「浸淫」をしています。劉慶忠がいるラッセル街58号の店舗は、ラッセル街とペルシャストリートの交差点に座っています。向かいは銅鑼湾のランドマークの一つの時代広場で、人波がドアの前の横断歩道を踏んでいます。

良い黄金のワンルーム!劉慶忠によると、店舗面積は1500平方フィートで、月額は250万元(香港ドル、以下同じ)。

月極250万ってどういうことですか?一般小売店の家賃は売上高の20%から25%ぐらいを占めています。仮に2割を占めるとしたら、この店は平均的に毎月1250万円の商売をしてから借りることができます。つまり毎日約42万元で、10泊10営業の12時間で計算すれば、一時間当たりの営業額は3.5万元になります。

250万円は去年の相場で、劉慶忠の会社は2倍の賃借をして契約を更新しました。高緯環球報告によると、ラッセル街は今年ニューヨークの5番目の大通りを超えて、全世界で一番高いショッピング街を借りて、家賃は年ごとに35%近く上昇しています。

「市場占有率のために、会社のブランドのために、開かないといけません。ほかの人に運転しないで、苦労しても、お金がなくても、稼がなければならないというのは、会社全体が一緒に計算しているからです。劉慶忠は言った。