オメガはテリー・いっしょに弗茨は敬意を表しないでとてもシリーズの宇宙の伝奇を奪い取ります

宇宙飛行士として宇宙の重要な装備を探求して、オメガとアメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙の伝奇の過程はずっと人々のために自慢げに話しました。宇宙展の深センをNASA太陽系が計画を探求するのをテーマの《星の珍しい境》にしていて特に立って、オメガは特にNASA退役する宇宙飛行士のテリー・に弗茨(Terry Virts)が展覧に出席しないように招待して、出席する客とと一緒に自分の宇宙の探険経験を分かち合って、そしてオメガを述べてとても腕時計の宇宙の伝奇のストーリを奪い取ります。
51歳のテリー・今年弗茨は元の米国空軍の上佐ではなくて、彼は2000年にNASA宇宙飛行士のため選ばれる、ことがあり2010年~2015年間で何度も宇宙の任務に参与します。今までのところ、世界で4人の宇宙飛行士だけあって宇宙船を運転する探求する宇宙を完成する、ロシアのソユーズ宇宙船に搭乗して任務を実行する、宇宙遊泳の任務を完成してそして国際宇宙ステーションの命令の長いこの4項目の任務を担当する、テリーは正に中の一つです。1名の撮影愛好者として、彼は宇宙の中で多い作品を撮影してそして撮影集を出版して、人々と共に彼の宇宙を分かち合って経験します。

当日、テリーは彼の長年の宇宙の探求する自らの経歴を分かち合って、そして出席する客と共にオメガを思い出してとても腕時計を奪い取ってNASA宇宙飛行士として宇宙の信頼できるパートナを探求して、宇宙飛行士に付き添って宇宙の任務の伝奇的なストーリを実行します。テリーは表します:“宇宙の厳しい環境はNASAが腕時計を選んでいて装備するとりわけ苛酷だ譲って、とても腕時計を奪い取ってその安定の信頼できる性能に頼ってNASA人を載せる飛行の任務のになって腕時計を指定して、しかし仕事以外の時間、私もオメガにとても時計のを奪い取られて登って月ストーリが深く引きつけて、そのためそれは私の生活の仕事の中が重要でと感情が託しに付き添いになります。”